ホーム » ブログ » とまとむらのお客様 » トマトの通販ご注文が増えています!!
  • GOKO樹なり甘熟トマトとは?
  • なぜカメラ屋がトマトを作った?
  • 南信州GOKOとまとむらのご紹介

商品一覧

  • トマトジュース
  • トマトケチャップ
  • トマト
  • トマトジャム
  • トマトゼリー
  • トマト寒天
  • トマトギフト
  • ブログ
  • レシピ
  • 業務用お問い合わせ
  • 定期購入のご案内
  • メディア掲載
  • お客様の声
  • 販売店さま紹介
  • 特定商取引法に基づく表示
  • 会員規約

 

とまとむらのお客様

←前のページに戻る

トマトの通販ご注文が増えています!!

[ 投稿日: 2013年1月29日(火) ]

おはようございます!

 

最近の驚きは「本日のお買い得品」と書かれたレタスが

1玉398円だったこと。

 

んー、高い。

高いですよね、野菜が。まさに高騰ですよね。

市場価格を見て、さらに他のスーパーを見てみても、

398円がいかに良心的価格で「本日のお買い得品」

であるかが分かるのですが・・・

 

安易に夕飯の一品としてレタスサラダを作るわけに

いかなくなってきます。

 

 

トマトの通販のお客様からも

「スーパーのトマトが高くて・・」「高いのにおいしくないし・・」

というお話を伺っています。

 

どうしてだろうか。

お店に並ぶ夏のトマトが美味しくないのは、何となくわかります。

夏だから輸送過程中に過熟になって売れなくなるのを

防ぐために真っ青な、おいしくないうちに収穫してしまうから。

 

だからこそ、GOKOとまとむらのトマト「樹なり甘熟とまと」は

夏場でも、おいしくて実がしっかりとしてもちが良いトマトだと

言っていただけるのだと思います。

 

 

しかし、冬は青く収穫する必要がなく一般的にも赤くなってから

収穫できるはずなのですが。

 

 

昨日もGOKOとまとむらのトマトを買って帰りました。

ほとんど毎日食べていますが、昨日のトマトも本当に本当に

おいしかったです。

 

甘い。甘みがあり、1個のトマトの中に詰まっている味の

濃さが全然違いました。

夏のトマトのおいしさとは違ったおいしさが冬のトマトにはあります。

 

 

生き物なので、365日また1つ1つ味は違います。

1つ1つのトマトの味の違いをそれぞれの個性として、

楽しんでいただけたら嬉しく思います。

 

 

今日のお昼もトマト食べちゃおっと!


野菜ソムリエ ひさこ

野菜ソムリエ ひさこ

日本一トマトを愛すると自負する野菜ソムリエ。
得意料理はトマトエビチリ。
嬉しかったお客様からの言葉は「今年もおいしいトマトをありがとう!」
野菜ソムリエの他に、調味料マイスターや初級食品表示診断士の資格を持っています。
川崎と長野を行ったりきたりの生活です。
長野のトマトたちに囲まれた生活が大好きです。
トマトや加工品づくりに携わる一方で、展示会や各種イベントにも参加しております。完熟トマトの美味しさを伝えるべく、日々奮闘中!

ページの先頭へ戻る