ホーム » ブログ » とまとむらのお客様 » 嬉しい嬉しい嬉しいなぁ。
  • GOKO樹なり甘熟トマトとは?
  • なぜカメラ屋がトマトを作った?
  • 南信州GOKOとまとむらのご紹介

商品一覧

  • トマトジュース
  • トマトケチャップ
  • トマト
  • トマトジャム
  • トマトゼリー
  • トマト寒天
  • トマトギフト
  • ブログ
  • レシピ
  • 業務用お問い合わせ
  • 定期購入のご案内
  • メディア掲載
  • お客様の声
  • 販売店さま紹介
  • 特定商取引法に基づく表示
  • 会員規約

 

とまとむらのお客様

←前のページに戻る

嬉しい嬉しい嬉しいなぁ。

[ 投稿日: 2013年9月30日(月) ]

おはようございます!

 

だんだんと朝晩の寒さに加え、日中も少しずつ

秋らしく冬の寒さを連れてきはじめました。

 

 

そういえば、最近自分の変な癖に気づきました。

会社で飲んでいる水。

 

ちょっとおデブな1リットルペットボトルで重たいせいか?

飲む時に、水を持っていないフタだけを持った手を

おでこ又は頭上に手の甲を当てるスタイルで飲んでいる。

 

 

変なの、と思いながらも変えられない

又は自分では気づくことのない癖ってあるんですね。

 

 

 

分かっていながらやめられない。

どうしてもこうしないと気が済まない!

そんなクセや習慣も個人個人あるでしょうか。

 

ジンクスなどもあるかもしれません。

 

 

お得意様であるお客様からさきほど、ご注文を頂戴した際に

以前ご贈答でお贈りしたお客様からの嬉しいご感想を一緒に

教えて頂きました。

 

樹なり甘熟とまとジュースのページでもご紹介させて

いただいておりますが、そのご意見の中に興味深い

お話がありました。

 

 

「朝起きてからの一口がとても美味しいと言ってきました。

薬の前に飲んでいるそうです。

いろんな食しかたがあるものです。ありがとう。」

 

 

トマトジュースはお酒を飲む前に、一杯飲むと胃を保護

してくれる、トマトのリコピンがアルコールの分解、

排出を早めてくれるという話は聞いたことがありました。

 

身体のことを考えた時に、想った時に

GOKOとまとむらのトマトジュースの出番があり

生活の中に習慣として存在できることは

とても嬉しいことです。

 

 

 

 

トマトジュースはどこへ行ってもたくさんありますが、

GOKOとまとむらは、契約農家への生産委託ではなく

トマトから自分の手で育て、

原材料は全て長野県GOKOとまとむら産の

安全を知り尽くしたトマトを使うことができること、

 

また、自社で加工し一貫生産を行うことで、

濃縮還元のような水を加えた100%ではなく本来の

トマトだけ100%のストレートジュースを作ることができます。

 

ブランドやメーカーの大きさではなく、

原材料へのこだわりと作り方のこだわりが

体を想ったときに飲みたくなるトマトジュースになります。

 

 

トマトの甘みが濃厚にぎゅっと詰まった

樹なり甘熟とまとジュース、ぜひ一度飲んでみて下さい!


野菜ソムリエ ひさこ

野菜ソムリエ ひさこ

日本一トマトを愛すると自負する野菜ソムリエ。
得意料理はトマトエビチリ。
嬉しかったお客様からの言葉は「今年もおいしいトマトをありがとう!」
野菜ソムリエの他に、調味料マイスターや初級食品表示診断士の資格を持っています。
川崎と長野を行ったりきたりの生活です。
長野のトマトたちに囲まれた生活が大好きです。
トマトや加工品づくりに携わる一方で、展示会や各種イベントにも参加しております。完熟トマトの美味しさを伝えるべく、日々奮闘中!

ページの先頭へ戻る