ホーム » ブログ » お客様からのお問合せ » MサイズLサイズどっちが良いの?
  • GOKO樹なり甘熟トマトとは?
  • なぜカメラ屋がトマトを作った?
  • 南信州GOKOとまとむらのご紹介

商品一覧

  • トマトジュース
  • トマトケチャップ
  • トマト
  • トマトジャム
  • トマトゼリー
  • トマト寒天
  • トマトギフト
  • ブログ
  • レシピ
  • 業務用お問い合わせ
  • 定期購入のご案内
  • メディア掲載
  • お客様の声
  • 販売店さま紹介
  • 特定商取引法に基づく表示
  • 会員規約

 

お客様からのお問合せ

←前のページに戻る

MサイズLサイズどっちが良いの?

[ 投稿日: 2013年4月12日(金) ]

ここ最近、お店でGOKOとまとむら以外のトマトを食べる機会が

多くありましたが、私はやっぱりGOKOとまとむらのトマトが

おいしいなぁ~好きだなぁ~とじみじみ感じています。

 

 

甘みが多く水分はたっぷり。

果肉も柔らかくガリガリジャリジャリした食感がない。

味だけでなく食感も大切だなと改めて思いました。

 

 

 

川崎の本社でも、長野県のとまとむら直売所でも

GOKOとまとむらのトマトは大変ご好評いただいております。

 

買いに来て下さった奥様が、

「主人がこれが好きで丸かじりするの。

GOKOのトマト!これが美味しいんだよって大喜びなんです」

と言うお言葉や、

 

 

「GOKOとまとむらのシールを貼ったとたんに、

『これ!これよこれ!!』とお客様が群がって取り合いです」

とお店からも嬉しいお声をいただきました。

シール.JPG

これよ!これ!笑

 

 

 

 

買いに来て下さったお客様が、ご贈答用にお使い頂く

機会も増えてきました。

 

そこで、トマトのご注文の際に一番多いご質問が

「MサイズとLサイズはどう違うの?」

「MサイズとLサイズどっちが良いの?」という

サイズの違いについてのご質問です。

 

 

 

まずは変わらないことについて。

 

【その1】どちらも品種は同じ桃太郎トマト。味は変わりません。

【その2】形も元気印のように大きなハート型ではなくて、

綺麗な丸い形をしています。形も変わりません。

 

 

では、何が違うのか?

 

【その1】1つの重さ、大きさが違います。

Mサイズは、おおよそ1玉が150g~200gの重さです。

Lサイズは、おおよそ1玉が200g~250gの重さです。

 

Lサイズの方が比べると大きく、重みがあります。

 

【その2】1箱に入っているトマトの数が違います。

Mサイズはハーフサイズもありますが、トマト柄の箱の

標準サイズは1箱に約4kgトマトが入るようになっています。

 

1箱4kg入り。どこに行っても共通の決まり事です。

 

Mサイズは、1箱に24玉入っています。

Lサイズは、1箱に18玉~20玉入っています。

 

Lサイズの個数にバラツキがあるのは、18玉入りまたは20玉入り

どちらかがお届けになるということです。

 

Lサイズのご注文があった際には、どちらの方がお客様に

お届けするのにふさわしいか、喜んでいただけるかを判断し

厳選してお届けしてます。

 

 

 

とはいえ、大きさを口頭でも文章でもお伝えするのは

非常に難しいところです。

 

 

 

先日、いつもご注文いただいているお客様からのご意見で

こんなお話がありました。

 

「1回に食べきれる量が良いので、自宅用には小さめなMサイズを

頼んでいるけれど、ご贈答用にMサイズは箱を開けた時の印象が

少し小さめな感じがしてしまうかもしれない。

 

だから、ご贈答には箱を開けた時にインパクトのあるLサイズを

お贈りしようと思っているんです。」

 

 

とてもご丁寧に、こんなお話をして下さいました。

 

「どこへお贈りしても、習い事の先生へお贈りしても、皆さんに

喜んでいただけるお贈り物なんですよ」

 

 

 

説明になっていないかもしれませんが、私がお客様に

ご質問を頂いた際には、このお客様のお話をさせていただいています。

 

 

もちろん、印象はお客様ごとで違ってきます。

お届けしたい大きさや数もあると思います。

 

 

一度ご注文いただくのが一番確実ですが、もし宜しければ

こんなお話も参考にしてみて下さいね!!


野菜ソムリエ ひさこ

野菜ソムリエ ひさこ

日本一トマトを愛すると自負する野菜ソムリエ。
得意料理はトマトエビチリ。
嬉しかったお客様からの言葉は「今年もおいしいトマトをありがとう!」
野菜ソムリエの他に、調味料マイスターや初級食品表示診断士の資格を持っています。
川崎と長野を行ったりきたりの生活です。
長野のトマトたちに囲まれた生活が大好きです。
トマトや加工品づくりに携わる一方で、展示会や各種イベントにも参加しております。完熟トマトの美味しさを伝えるべく、日々奮闘中!

ページの先頭へ戻る