• GOKO樹なり甘熟トマトとは?
  • なぜカメラ屋がトマトを作った?
  • 南信州GOKOとまとむらのご紹介

商品一覧

  • トマトジュース
  • トマトケチャップ
  • トマト
  • トマトジャム
  • トマトゼリー
  • トマト寒天
  • トマトギフト
  • ブログ
  • レシピ
  • 業務用お問い合わせ
  • 定期購入のご案内
  • メディア掲載
  • お客様の声
  • 販売店さま紹介
  • 特定商取引法に基づく表示
  • 会員規約

 

ひさこのひとりごと

←前のページに戻る

節分の謎。

[ 投稿日: 2012年2月 3日(金) ]

節分の謎。

本日は、寒い寒い節分でございます。

ということは、必然的に明日は立春です。

 

こんなに寒くて寒くてしょうがない毎日でも

少しずつに近づいているということでしょうか。

 

春の気配やいずこ~…

 

 

1年って早いですね。

今年もまた節分がやってきました。

節分については、ブログでもお伝えしたことがありましたが

今回は気になるいくつかのを。

 

「鬼はいったいなぜそんな格好なのか…」

だいだい、寒いじゃないか。と思うような姿。

あの鬼の姿にも意味があるようです。

 

鬼の住む鬼門は、丑寅の方角。

ということで、牛(丑)の角虎(寅)の牙をもち

虎皮の服を着ている。とのこと。

 

ちょっとお洒落なヒョウ柄好きじゃなかったのね。

 

 

そもそも鬼というのは、「陰人(おんにん)」の変化だとか。

形の見えない邪気を持つ、怖い人。

 

その鬼の魔の目(魔目=まめ)に豆をぶつけ、魔を滅する(魔滅=まめ)

 

その豆を炒らなくてはいけないのは、

拾い忘れた豆から芽が出ると縁起が悪いということ、

そして、炒るという言葉が「射る」に通じており

「魔目を射る」という意味もあるんだそう。

 

 

ふむふむ。

 

ふむふむ。


野菜ソムリエ ひさこ

野菜ソムリエ ひさこ

日本一トマトを愛すると自負する野菜ソムリエ。
得意料理はトマトエビチリ。
嬉しかったお客様からの言葉は「今年もおいしいトマトをありがとう!」
野菜ソムリエの他に、調味料マイスターや初級食品表示診断士の資格を持っています。
川崎と長野を行ったりきたりの生活です。
長野のトマトたちに囲まれた生活が大好きです。
トマトや加工品づくりに携わる一方で、展示会や各種イベントにも参加しております。完熟トマトの美味しさを伝えるべく、日々奮闘中!

ページの先頭へ戻る