ホーム » ブログ » ひさこのひとりごと » 人生初マクロビと食欲。
  • GOKO樹なり甘熟トマトとは?
  • なぜカメラ屋がトマトを作った?
  • 南信州GOKOとまとむらのご紹介

商品一覧

  • トマトジュース
  • トマトケチャップ
  • トマト
  • トマトジャム
  • トマトゼリー
  • トマト寒天
  • トマトギフト
  • ブログ
  • レシピ
  • 業務用お問い合わせ
  • 定期購入のご案内
  • メディア掲載
  • お客様の声
  • 販売店さま紹介
  • 特定商取引法に基づく表示
  • 会員規約

 

ひさこのひとりごと

←前のページに戻る

人生初マクロビと食欲。

[ 投稿日: 2013年4月17日(水) ]

トマトとは関係のない、ひさこのひとりごとですが・・

 

マクロビオテック。

 

先日人生で初めてのマクロビ体験をしました。

それは突然に・・

 

 

とにかく食べることに必死な我が家。

先日の沖縄旅行の際にも、「どこへ行くか」「何をするか」

よりも先に「何を食べるか」を1番に決めました。

 

 

それが決まれば「どこで食べるか」が決まるので、

その間で「どこか行かれる所はあるか」と決めていきます。

 

 

その為にかなり情報収集し、雑誌なんて広告みたいなもん!

信用ならんぞ!!ということで、旅行会社さんに聞き、

ネットで探し、地元民に聞き、ホテルで聞き・・・

 

意外と普通に探しつつ、選ばれた店に行きます。

 

 

 

しかし、そのお店は地元民のオススメ。

お店の情報も地図くらいしか確認せずに安心して行きました。

 

 

 

そこは、ジャングル?バナナが樹に生る庭に通され

メニューは2つ。それぞれ注文しました。

 

 

 

注文して気付いたこと、そこはマクロビのお店で 

そして、マクロビでありオーナーが外国で出会った料理を

出すお店ということ。

 

ワンプレートにのった6種類のお料理が登場。

 

 

料理名はもちろんのこと、何が使われているのかすら不明な

それぞれからものすごい香りを発したお料理たち。

どこの国の何という料理か、この人たちはマクロビとは無縁だろうと

判断されたのか説明もされず食します。

 

私は基本的には食べられないものはないと自負し

苦手な茹でたニンジンでも頑張れば食べられますが

 

そのワンプレートのお料理立ちは1口ずつ食べて終了。

 

 

身体に良いかもしれない、健康になれるのかもしれない、

お肌なんかも美しくなれるのかもしれない。

 

しかし、食べられないものは食べられない。

食欲とは空腹ではないのだと、気づかされました。

 

 

 

その他のマクロビお料理は食べたことがないので

マクロビを好き・嫌いと判断することはできませんが

人生初マクロビがだいぶ衝撃的だったことは

 

間違いがないようです。

 

トマトとは関係のない話ですが。


野菜ソムリエ ひさこ

野菜ソムリエ ひさこ

日本一トマトを愛すると自負する野菜ソムリエ。
得意料理はトマトエビチリ。
嬉しかったお客様からの言葉は「今年もおいしいトマトをありがとう!」
野菜ソムリエの他に、調味料マイスターや初級食品表示診断士の資格を持っています。
川崎と長野を行ったりきたりの生活です。
長野のトマトたちに囲まれた生活が大好きです。
トマトや加工品づくりに携わる一方で、展示会や各種イベントにも参加しております。完熟トマトの美味しさを伝えるべく、日々奮闘中!

ページの先頭へ戻る