ホーム » ブログ » とまとむら商品ちょっとご紹介 » ハーフサイズできました。
  • GOKO樹なり甘熟トマトとは?
  • なぜカメラ屋がトマトを作った?
  • 南信州GOKOとまとむらのご紹介

商品一覧

  • トマトジュース
  • トマトケチャップ
  • トマト
  • トマトジャム
  • トマトゼリー
  • トマト寒天
  • トマトギフト
  • ブログ
  • レシピ
  • 業務用お問い合わせ
  • 定期購入のご案内
  • メディア掲載
  • お客様の声
  • 販売店さま紹介
  • 特定商取引法に基づく表示
  • 会員規約

 

とまとむら商品ちょっとご紹介

←前のページに戻る

ハーフサイズできました。

[ 投稿日: 2012年11月28日(水) ]

GOKOとまとむらから、樹なり甘熟とまとが出荷されるときは

ほとんどが4kg箱と呼ばれる(?)段ボールで出荷されています。

 

ミニトマトやフルーツトマトなど例外はあると思いますが、

大玉トマトはほとんどが4kg箱で出荷されているのでは

ないでしょうか。

 

 

スーパーなどでトマトの1個売りコーナーでトマトが

並んでいるあの箱こそが4kg箱です。

 

 

トマトには小さなものから大きなものまで様々なサイズがあります。

GOKOとまとむらHPでは、Mサイズ・Lサイズ・元気印を

販売していますが、その他にも2Sサイズ・Sサイズ・2Lサイズなど

重さによって様々なサイズに分けられています。

 

 

サイズごとによって1箱に入るトマトの個数も違います。

通販で販売しているMサイズは24玉入り。

小さな2Sサイズになると1箱にトマトが32玉も入っているのです。

 

 

 

スーパーに行くと、どうしてもトマトが気になります。

季節ごと、地域ごとに違った顔を見せるトマトたち。

こんなにも気になる存在たちはいないのです。

 

さらに気になるのが、トマトを買っていくお客様。

スーパーの店員でもないのに。

 

 

バラ売りのトマトを1個2個かごに入れる。

2、3個パックになったトマトを1つかごに入れる。

そんなお客様が多いような気がします。

 

 

基本的消費量と需要がそのくらいだとすると

24個入りのトマトが一度に届くということは、結構な勇気を

必要とすることなのではないかと勝手に思ってしまうのです。

 

 

ご近所の方やお友達同士、お教室の生徒様方で

一緒に買われている方も多いようですが、頂いたお電話では

ご夫婦お二人のご家庭で買って下さる方も少なくありません。

 

GOKOとまとむらのトマトは樹で完熟してから収穫する分、

トマト自身が体力があり長持ちするトマトですが、

それでも1日1、2個とすると約2週間食べられることになります。

 

どうしても最後の方に柔らかすぎてしまうものが出てきてしまうことも

あるかもしれません。

 

 

そこで。

 

そこで登場したのが、樹なり甘熟とまとハーフサイズです。

トマト2kg箱.JPG

サイズは標準サイズのMサイズのみで12玉入り。

 

お客様からいただいた「半分くらいがちょうどいいんだけど」の

ご意見をいただき、販売を開始しました。

 

 

通常の4kg入りよりも少し割高になります。

しかし、「これなら初めてでも買いやすい」「ご贈答には丁度いい」

「新鮮なうちに食べきれる」などのご意見をいただいており

ハーフサイズのご注文が増えています。

 

 

特に夏の暑い時期などには、オススメかもしれません。

 

 

と、言いつつも美味しくてすぐに食べてしまって

ハーフサイズじゃ足りない!となるかもしれませんがwink


野菜ソムリエ ひさこ

野菜ソムリエ ひさこ

日本一トマトを愛すると自負する野菜ソムリエ。
得意料理はトマトエビチリ。
嬉しかったお客様からの言葉は「今年もおいしいトマトをありがとう!」
野菜ソムリエの他に、調味料マイスターや初級食品表示診断士の資格を持っています。
川崎と長野を行ったりきたりの生活です。
長野のトマトたちに囲まれた生活が大好きです。
トマトや加工品づくりに携わる一方で、展示会や各種イベントにも参加しております。完熟トマトの美味しさを伝えるべく、日々奮闘中!

ページの先頭へ戻る