ホーム » ブログ » とまとむら商品ちょっとご紹介 » 「塩入り○○」ブーム到来!!
  • GOKO樹なり甘熟トマトとは?
  • なぜカメラ屋がトマトを作った?
  • 南信州GOKOとまとむらのご紹介

商品一覧

  • トマトジュース
  • トマトケチャップ
  • トマト
  • トマトジャム
  • トマトゼリー
  • トマト寒天
  • トマトギフト
  • ブログ
  • レシピ
  • 業務用お問い合わせ
  • 定期購入のご案内
  • メディア掲載
  • お客様の声
  • 販売店さま紹介
  • 特定商取引法に基づく表示
  • 会員規約

 

とまとむら商品ちょっとご紹介

←前のページに戻る

「塩入り○○」ブーム到来!!

[ 投稿日: 2013年7月26日(金) ]

大変長らくご無沙汰致しました・・・

 

せっかく見て下さった方に、大変申し訳ないです。。

またしばらく、しっかり更新していきます!!!!!

 

 

猛暑・・かと思っていたら、すっと涼しい風が吹きはじめたり

快晴・・と思っていたらいきなり落雷→ゲリラ豪雨。

各地でも「今までに体験したことのない大雨」による

影響も出てきています。

 

気圧の変化で、頭痛がひどく続いたり身体がだるくなったり

体調不良を訴える方も多くなっているようです。

 

 

また、毎年ではありますが熱中症の方も多いです。

お店には塩入り商品がたくさん並び、いつもは控え目の

塩分も夏には積極的に取り入れていきます。

 

 

先日のニュースでも「塩入り○○」ブームという流行りが

今やってきているようです。

 

先程も申しましたが、いつもは嫌煙されがちな「塩分」を

夏には一生懸命摂取しようとします。

熱中症対策という目的があると「塩分」もヒーローになれます。

 

 

GOKOとまとむらの樹なり甘熟とまとジュースも

塩入りのタイプがあります。

しかし、無塩タイプが圧倒的人気を誇っております。

 

塩入りと言っても0.1%とごく微量ですが、

無塩タイプに比べると多少トマトジュースの味も

多少、味がついたという印象があり、またトマトの甘みも

より引きだしてくれます。

 

 

清涼飲料水やお菓子などは、塩分補給だけではなく

糖分や添加物も一緒に大量摂取してしまう恐れがあります。

 

しかし、トマトジュースであれば多少の塩分と一緒に

野菜の栄養をしっかり摂ることができます。

これは一石二鳥!!

 

朝一杯の水、ランチの飲み物、お風呂上がりの一杯

これらをトマトジュースにしたら・・・

 

まだまだ続くこの夏を乗り切る元気を補給しましょう!

GOKOとまとむらのトマトジュースで!!!

 

 

 


野菜ソムリエ ひさこ

野菜ソムリエ ひさこ

日本一トマトを愛すると自負する野菜ソムリエ。
得意料理はトマトエビチリ。
嬉しかったお客様からの言葉は「今年もおいしいトマトをありがとう!」
野菜ソムリエの他に、調味料マイスターや初級食品表示診断士の資格を持っています。
川崎と長野を行ったりきたりの生活です。
長野のトマトたちに囲まれた生活が大好きです。
トマトや加工品づくりに携わる一方で、展示会や各種イベントにも参加しております。完熟トマトの美味しさを伝えるべく、日々奮闘中!

ページの先頭へ戻る