ホーム » ブログ » トマト豆知識 » とまとを冷凍するということ。その2
  • GOKO樹なり甘熟トマトとは?
  • なぜカメラ屋がトマトを作った?
  • 南信州GOKOとまとむらのご紹介

商品一覧

  • トマトジュース
  • トマトケチャップ
  • トマト
  • トマトジャム
  • トマトゼリー
  • トマト寒天
  • トマトギフト
  • ブログ
  • レシピ
  • 業務用お問い合わせ
  • 定期購入のご案内
  • メディア掲載
  • お客様の声
  • 販売店さま紹介
  • 特定商取引法に基づく表示
  • 会員規約

 

トマト豆知識

←前のページに戻る

とまとを冷凍するということ。その2

[ 投稿日: 2011年11月16日(水) ]

そういえば、

トマト冷凍すると細胞が膨らんで

 

壊れるとかで

煮崩れやすくなると、風の噂で聞きました。

 

 

 

トマト冷凍するということは、

皮が剥きやすいだけでなく、

 

その、煮崩れやすさもポイントだと思うんです。

 

 

生のトマトでトマト鍋をやったときに

トマトがスープ状になるのに、とても時間が掛かりました。

 

火にかけながら潰してはいるんだけれど、

果肉がどうもゴロゴロしている。

 

そんな状態が長く続きました。

 

 

 

冷凍トマトだと、あっという間でした。

早いです。

 

トマトカレートマトパスタもそうですが

生のトマトを使う場合には、少し煮込んで水分を飛ばしたい。

結構時間が掛かります。

 

なるべく時間をかけずに、という良さです。

 

 

別途、生のトマトも最後に加えると、フレッシュトマト風

 

つまり。これは

『時短テク』ってやつですね。

 

そして、

 

まだまだしつこく続くのであった。


野菜ソムリエ ひさこ

野菜ソムリエ ひさこ

日本一トマトを愛すると自負する野菜ソムリエ。
得意料理はトマトエビチリ。
嬉しかったお客様からの言葉は「今年もおいしいトマトをありがとう!」
野菜ソムリエの他に、調味料マイスターや初級食品表示診断士の資格を持っています。
川崎と長野を行ったりきたりの生活です。
長野のトマトたちに囲まれた生活が大好きです。
トマトや加工品づくりに携わる一方で、展示会や各種イベントにも参加しております。完熟トマトの美味しさを伝えるべく、日々奮闘中!

ページの先頭へ戻る