ホーム » ブログ » トマト豆知識 » とまとを冷凍するということ。その3
  • GOKO樹なり甘熟トマトとは?
  • なぜカメラ屋がトマトを作った?
  • 南信州GOKOとまとむらのご紹介

商品一覧

  • トマトジュース
  • トマトケチャップ
  • トマト
  • トマトジャム
  • トマトゼリー
  • トマト寒天
  • トマトギフト
  • ブログ
  • レシピ
  • 業務用お問い合わせ
  • 定期購入のご案内
  • メディア掲載
  • お客様の声
  • 販売店さま紹介
  • 特定商取引法に基づく表示
  • 会員規約

 

トマト豆知識

←前のページに戻る

とまとを冷凍するということ。その3

[ 投稿日: 2011年11月17日(木) ]

やはり、つまるところ

 

保存性。

ではないでしょうか。

 

 

GOKOとまとむら樹なり甘熟とまと

『もちがいい』とよく言われます。

 

本当に、よく言われます。

 

 

スーパーさんからは、『棚もちが良い』と言われます。

 

 

今のような寒い時期だと10日くらいでも

へっちゃらな時があります。

 

お客様からは、1週間冷蔵庫に入れていたトマトを食べたら

すごくおいしかった!というお話しもいただいています。

 

 

しかし、

 

ときに、余ってしまうときもあります。

 

暑い時期には、

水分の多いトマトさん

どうしても痛みやすくなってしまいます。

 

そこで、

『冷凍』というわけです。

 

冷凍すれば、おおよそ1ヶ月は持ちます。

 

 

長期保存できて、旨みがアップするなんて

一石二鳥だなぁー

 

 

と思っているわけでありました。


野菜ソムリエ ひさこ

野菜ソムリエ ひさこ

日本一トマトを愛すると自負する野菜ソムリエ。
得意料理はトマトエビチリ。
嬉しかったお客様からの言葉は「今年もおいしいトマトをありがとう!」
野菜ソムリエの他に、調味料マイスターや初級食品表示診断士の資格を持っています。
川崎と長野を行ったりきたりの生活です。
長野のトマトたちに囲まれた生活が大好きです。
トマトや加工品づくりに携わる一方で、展示会や各種イベントにも参加しております。完熟トマトの美味しさを伝えるべく、日々奮闘中!

ページの先頭へ戻る