ホーム » ブログ » トマト豆知識 » トマトの切り方による味の違い?!
  • GOKO樹なり甘熟トマトとは?
  • なぜカメラ屋がトマトを作った?
  • 南信州GOKOとまとむらのご紹介

商品一覧

  • トマトジュース
  • トマトケチャップ
  • トマト
  • トマトジャム
  • トマトゼリー
  • トマト寒天
  • トマトギフト
  • ブログ
  • レシピ
  • 業務用お問い合わせ
  • 定期購入のご案内
  • メディア掲載
  • お客様の声
  • 販売店さま紹介
  • 特定商取引法に基づく表示
  • 会員規約

 

トマト豆知識

←前のページに戻る

トマトの切り方による味の違い?!

[ 投稿日: 2012年8月 6日(月) ]

最近、元気印のようにむくむくと大きな

「あなた、一体どうしてそんな形になっちゃったのよー笑」

と思うような、ふぞろいトマトを買って食べています。

 

現在は川崎にある本社や、南信州伊那谷・中川村にある

とまとむらの直売所でしか販売をしていない「ふぞろい」トマト。

これがまた味がある。

 

 

そんなふぞろいトマトを買っては、食べる前に少し冷やして

夕飯にバクバクと食べています。

 

最近お気に入りのトマトの食べ方は、元気印トマトくらいの

大きさであれば12等分くらい・・・・・んー分かりにくい。

Mサイズであれば4等分くらいの大きさかもしれませんが、

そのくらいのざく切りにします。

 

輪切りでもない、くし切りでもない、その日ごとの思いつきで

ザクザクと思いのままにトマトをざく切りにします。

私は口の中いっぱいになるくらいの大きさにします。

 

 

今までは、薄ーくスライスしてみたり、くし切りにしてみたり

角切りにしてみたり、すりおろしてみたり、丸かじりしてみたり・・

色んなトマトの切り方、食べ方をしてみましたが

なんだかざく切りは1番トマトの甘味を感じやすいような気がします。

 

冷やし方、トマト自体の個体差、その日の体調、食べ合わせなど

色々なことが考えられますが、何度食べてもこの切り方が

トマトにとっては一番いいのでは?と思ったりします。

 

いつも、一応ドレッシング的なものも形だけ用意しておきますが

結局使わず、そのまま冷蔵庫へ。

トマトが甘すぎて、旨みがありすぎて、トマトの味をそのまま

味わいたくて、なにより気付くとトマトを食べ終わってしまっていて。

 

野菜というよりも、サラダというよりもデザート。

そんな甘味です。

 

 

ということで、この甘さを使わない手はない。

夏スイーツに今夜、挑戦しようと思います。

 

 

トマトのお相手は「わらびもち」。

ぜひ、ご期待下さい。


野菜ソムリエ ひさこ

野菜ソムリエ ひさこ

日本一トマトを愛すると自負する野菜ソムリエ。
得意料理はトマトエビチリ。
嬉しかったお客様からの言葉は「今年もおいしいトマトをありがとう!」
野菜ソムリエの他に、調味料マイスターや初級食品表示診断士の資格を持っています。
川崎と長野を行ったりきたりの生活です。
長野のトマトたちに囲まれた生活が大好きです。
トマトや加工品づくりに携わる一方で、展示会や各種イベントにも参加しております。完熟トマトの美味しさを伝えるべく、日々奮闘中!

ページの先頭へ戻る