ホーム » ブログ » トマト豆知識 » トマトのひみつ
  • GOKO樹なり甘熟トマトとは?
  • なぜカメラ屋がトマトを作った?
  • 南信州GOKOとまとむらのご紹介

商品一覧

  • トマトジュース
  • トマトケチャップ
  • トマト
  • トマトジャム
  • トマトゼリー
  • トマト寒天
  • トマトギフト
  • ブログ
  • レシピ
  • 業務用お問い合わせ
  • 定期購入のご案内
  • メディア掲載
  • お客様の声
  • 販売店さま紹介
  • 特定商取引法に基づく表示
  • 会員規約

 

トマト豆知識

←前のページに戻る

トマトのひみつ

[ 投稿日: 2013年9月 5日(木) ]

トマトがスーパーから消えてしまったら、

トマトが食卓から消えてしまったら・・

 

それはもう寂しく、心にぽっかりと穴があいてしまったような

そんな気持ちになってしまうこと間違いなし。

(私だけでしょうか)

 

 

一年を通して、お店に並ぶトマト。

毎日と言わずとも、やはり生活に欠かせない野菜の一つと

なっていることと思います。

 

そんなトマト、実は「ひみつ」があったようです。

 

 

トマトのひみつ.jpg

かがくのとも傑作集 福音館書店 「トマトのひみつ」

 

 

トマトについては多くを知っている気でいました。

まさか、こんな風に題名になってしまうほどの

トマトに秘密があったなんて・・

 

 

 

お話としては、お腹の空いた蜘蛛とトマトの「ひみつ」の話。

 

お腹の空いた蜘蛛は、おいしそうなトマトの樹の近くに巣をはり

獲物となる虫を待っていました。

 

待てど暮らせど虫はやってこない。

なぜだ??

 

 

 

じつはトマト、茎に細かい毛がびっしりとついていて

トマトの実を守るため、虫をよせつけないようにするために

虫の嫌いな臭いを、その細かい毛から発していたのです。

 

トマトには、そんな「ひみつ」があったのです。

 

トマトの毛.JPG

これは、GOKOとまとむらの樹なり甘熟とまと

撮影したものですが、やはり細かい産毛の様なものがビッシリ!

 

 

 

 

ん?

おいそうなトマトに近付いた蜘蛛だって虫のはず。

 

 

そう、蜘蛛は意外と鼻が良くない

そんな「ひみつ」もあったようです。


野菜ソムリエ ひさこ

野菜ソムリエ ひさこ

日本一トマトを愛すると自負する野菜ソムリエ。
得意料理はトマトエビチリ。
嬉しかったお客様からの言葉は「今年もおいしいトマトをありがとう!」
野菜ソムリエの他に、調味料マイスターや初級食品表示診断士の資格を持っています。
川崎と長野を行ったりきたりの生活です。
長野のトマトたちに囲まれた生活が大好きです。
トマトや加工品づくりに携わる一方で、展示会や各種イベントにも参加しております。完熟トマトの美味しさを伝えるべく、日々奮闘中!

ページの先頭へ戻る