ホーム » ブログ » トマト豆知識 » トマトネックレス
  • GOKO樹なり甘熟トマトとは?
  • なぜカメラ屋がトマトを作った?
  • 南信州GOKOとまとむらのご紹介

商品一覧

  • トマトジュース
  • トマトケチャップ
  • トマト
  • トマトジャム
  • トマトゼリー
  • トマト寒天
  • トマトギフト
  • ブログ
  • レシピ
  • 業務用お問い合わせ
  • 定期購入のご案内
  • メディア掲載
  • お客様の声
  • 販売店さま紹介
  • 特定商取引法に基づく表示
  • 会員規約

 

トマト豆知識

←前のページに戻る

トマトネックレス

[ 投稿日: 2013年9月17日(火) ]

私も、もう少し若い時、おじさまおばさまの発する言葉に

「え?!なにそれ?!ふるーい!!」

 

なんて思っていたのもつかの間、

最近発する言葉に、

 

自信が持てないアラサーでございます。

 

 

ズボンなんて言っていいのか、やはりパンツと言うべきか

さすがにアベックとは言わないまでも

ちょっとした自分の言葉が不安になります。

 

 

その中のひとつが、ふと思った「ネックレス」。

これは総称だから、良いのだろう。

ん?ペンダント?あれ?ペンダントとか言わないか・・

いや、ネックレスも言わないか・・

 

分からないものは分からないまま確信を持って発してしまう

それがまた若者には嫌われる要因なのでしょう。

 

 

ということで、手に入れたトマト首飾り。

トマトネックレス.JPG

 

うひゃっ!!

つややかな美味しそうなトマト。ヘタもピンとしていて、

よくぞここまで、「これぞ美味しいトマト」の象徴を

首飾りにしてくれました。

 

ずっしりと重みのあるトマトさん。

GOKOとまとむらなら樹なり甘熟とまとMサイズ・・

いや・・この重みLサイズ・・

 

いや・・この色の濃さ、ヘタの立ち上がった印象、

これはカラフルミニトマトの女王「千果(ちか)」ではないか!!

 

なんて考えながら、見つけてから握りしめ続け購入。

 

 

 

実はこれ、更なる衝撃を与えてくれるのでした。

トマトネックレス2.JPG

こちらが表でしょうか、それとも裏でしょうか。

中身というのが正しいでしょうか。

 

この・・驚くほど・・・リアルな出来栄え。

 

トマト好きにはたまらないリアルさ・・

ヘタの付け根にトマトの芯の様なものが、実の途中まで

伸びている(しかもゴールドで表現!!)。

 

ただトマトのゼリー状を作っておけばいいやという

そんな想いではないこのゼリー状の色味と種の羅列!

そうなんですよね、トマトの断面ってまっすぐな線がなくて

宇宙に似た神秘を感じるのです。

 

 

つい、この断面を見た時には感動で息切れ。

 

あまりにリアルで、お洒落につけて歩くには

ちょっと気恥ずかしさは否めないトマト首飾り。

 

 

しかし、可愛くて仕方のないトマトさんの一つなのです。

こんなにもトマトが好きでたまらない。

 

これからは趣味・トマトと書こうかしら。アラサーだけど。


野菜ソムリエ ひさこ

野菜ソムリエ ひさこ

日本一トマトを愛すると自負する野菜ソムリエ。
得意料理はトマトエビチリ。
嬉しかったお客様からの言葉は「今年もおいしいトマトをありがとう!」
野菜ソムリエの他に、調味料マイスターや初級食品表示診断士の資格を持っています。
川崎と長野を行ったりきたりの生活です。
長野のトマトたちに囲まれた生活が大好きです。
トマトや加工品づくりに携わる一方で、展示会や各種イベントにも参加しております。完熟トマトの美味しさを伝えるべく、日々奮闘中!

ページの先頭へ戻る