ホーム » ブログ » トマト豆知識 » ピーマンにんじんたまねぎトマト!
  • GOKO樹なり甘熟トマトとは?
  • なぜカメラ屋がトマトを作った?
  • 南信州GOKOとまとむらのご紹介

商品一覧

  • トマトジュース
  • トマトケチャップ
  • トマト
  • トマトジャム
  • トマトゼリー
  • トマト寒天
  • トマトギフト
  • ブログ
  • レシピ
  • 業務用お問い合わせ
  • 定期購入のご案内
  • メディア掲載
  • お客様の声
  • 販売店さま紹介
  • 特定商取引法に基づく表示
  • 会員規約

 

トマト豆知識

←前のページに戻る

ピーマンにんじんたまねぎトマト!

[ 投稿日: 2013年9月27日(金) ]

大変お恥ずかしい話、

 

野菜ソムリエひさこ、茹でたにんじんが

 

 

嫌いです。

 

なぜか?

柔らかいからです。甘いからです。

子供はあれが好きなもんだと、小さいころから

食べさせられたからです。

 

 

しかし、生のにんじんは大好きだから大丈夫と思いきや

やはり我が家の冷蔵庫ににんじんが入っていることはなく

カレーにもシチューにも、にんじんは入っていないのです。

 

申し訳ありません。

 

 

苦手といえば、パクチーも苦手です。

大好きな方には言えませんが、カメムシの味がします。

(食べたことないんですけどね。カメムシ。)

 

 

そんなわけで、この食べ物が嫌い!という方の気持ち、

そしてそれに対する「えー!おいしいじゃーん!なんでー?!」

という気持ち、嫌いに理屈なんてないのさ、という気持ち・・

 

分かります。

 

 

しかし、やはりトマト嫌いと言われると胸の奥からツンと

こみあげてくる、そんなものがあります。 

 

 

 

 

ピーマンにんじんたまねぎトマト.JPG

文化出版社 『ピーマンにんじんたまねぎトマト』

 

さて、このトマトに襲われている「ゆうちゃん」。

野菜が大嫌い。

 

お母さんに怒られて、なんとかかんとか食べるけれど

どうしてもなんとしてもトマトだけは食べられない。

 

なぜか?

「みためはくだものみたいで かわいいのに

すっぱくて へんなにおいがして きらい!」

 

 

ボコボコです。ノックアウトです。

ゆうちゃん、GOKOとまとむらのトマトはね、すっぱくなくて

とっても甘くて、青臭い変なにおいもしないし・・おいしいんだよ・・

きっとゆうちゃんでも・・大好きになれるんだよ・・・(涙)

 

 

なんて、そんなことを思いながら読み進めると

ゆうちゃんの大好きなお父さんが料理を作ってくれるという

ゆうちゃんにとって、とても嬉しい日がやってきます。

 

 

でも、ゆうちゃんにとっての心配事は野菜・トマト。

ゆうちゃんはお父さんにお願をします。

 

「トマトだけは入れてくれるな」と。

 

 

なんとも寂しい。悲しい想いで涙をふきふき読み進めます。

頼みの綱のお父さん、

ついにトマトは買ってはくれませんでした。無念。

 

しかし、やはり頼れる男お父さん!

なんと、大嫌いな野菜たちはみじん切りにして最後に・・・

 

 

トマトジュースをドボドボドボーーーーーーー!

 

ゆうちゃんも唖然!お父さんの反撃です!!

これには参ったゆうちゃんはしぶしぶ料理を食べると・・

 

 

ごくり。

 

「おいしいっ!」

ゆうちゃんの満面の笑みがこぼれます!!!!!

 

トマトだって大嫌いな野菜だって、こうして食べれば

おいしくってへっちゃら!とゆうちゃんは歌い出すのです。

 

 

 

 

トマトやピーマン、たまねぎニンジン。

確かに個性の強い野菜は魅力も大きいですが

個性が強いだけに嫌われやすいこともあります。

 

 

ただ、そんな個性をまとめ、味に変えてくれるのが

きっとトマトジュースなんですね。

 

トマトだけで作ったトマトそのままのトマトジュースなのに、

野菜を美味しく食べられるきっかけになります。

 

私もトマトジュースで、にんじんを・・

食べられるきっかけに・・・・きっかけに・・・・・・・・

きっかけに・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


野菜ソムリエ ひさこ

野菜ソムリエ ひさこ

日本一トマトを愛すると自負する野菜ソムリエ。
得意料理はトマトエビチリ。
嬉しかったお客様からの言葉は「今年もおいしいトマトをありがとう!」
野菜ソムリエの他に、調味料マイスターや初級食品表示診断士の資格を持っています。
川崎と長野を行ったりきたりの生活です。
長野のトマトたちに囲まれた生活が大好きです。
トマトや加工品づくりに携わる一方で、展示会や各種イベントにも参加しております。完熟トマトの美味しさを伝えるべく、日々奮闘中!

ページの先頭へ戻る