メニュー
ホーム » レシピ » トマト » 『パリパリチキンとまとカレー』
  • GOKO樹なり甘熟トマトとは?
  • なぜカメラ屋がトマトを作った?
  • 南信州GOKOとまとむらのご紹介

商品一覧

  • トマトジュース
  • トマトケチャップ
  • トマト
  • トマトジャム
  • トマトゼリー
  • トマト寒天
  • トマトギフト
  • ブログ
  • レシピ
  • 業務用お問い合わせ
  • 定期購入のご案内
  • メディア掲載
  • お客様の声
  • 販売店さま紹介
  • 特定商取引法に基づく表示
  • 会員規約

 

トマト

←前のページに戻る

『パリパリチキンとまとカレー』

[ 投稿日: 2011年7月30日(土) ]

『パリパリチキンとまとカレー』

材料

とまとカレー

「樹なり甘熟とまと」3個

「樹なり甘熟とまとジュース」180ml

カレールウ 3個

オリーブオイル 大さじ2

豚肉 200g

にんにく 2片

しょうゆ 小さじ1

玉ねぎ 1個

なす 2本

パリパリチキン

鶏もも肉 1枚

サラダ油 大さじ1

しょうゆ 大さじ2

お酢 大さじ2

にんにく すりおろし少々

片栗粉 少々

作り方

<トマトカレー>

oneフライパンでオリーブオイルを温め、スライスしたにんにくと、

 みじん切りした玉ねぎを色がつき始めるまで炒める。(中火) 

two豚肉を食べやすい大きさに切って1に加え、炒める。

threeなすは乱切りにして水にさらしておく。

 豚肉に火が通ったらなすの水気をよく切って加える。

fourなすがしんなりしてきたら、トマト2個分を角切りにして加える。

fiveトマトが崩れてきたら、トマトジュースを加え10分程度煮込む。

 (焦げないように、かき混ぜながら。)  ↑※ここがPOINT!!!

six煮込んだら一度火を止め、カレールウを入れる。

sevenカレールウが溶けたら、しょうゆを入れて10分煮込んで出来上がり。

 (やや弱めの中火で、焦げないように要注意!)

 

<パリパリチキン>

one鶏肉に包丁やフォークで数ヶ所穴をあけ、塩、こしょう、にんにくをすり込む。

two酢としょうゆに30分間、1の鶏肉をつけておく。
  (15分経ったら表と裏を交代。)

three水分を取り、片栗粉をまぶしたら皮から中火で焼く。

four皮に焼き目がついたら、ひっくり返して焼き目がつくまで中火で炒める。
   (大量の油とはねるにんにくに注意!大奮闘。)

five焼き目がついたら、弱火にして水を大さじ1入れてフタをする。

six水気がなくなったら、再度中火で焼き、火が通れば出来上がり。

seven好きな大きさに切り分けて、盛り付けたカレーの上に置く。
    (火傷に注意!)

 


ちょっと一言

いつものカレーに濃厚なトマトジュースを加えるだけで、びっくりするほどおいしい&ヘルシー!

関連リンク

ページの先頭へ戻る