ホーム » ブログ » とまとむら商品ちょっとご紹介 » トマトはやっぱりメタボにいい?!テレビでも話題沸騰中。
  • GOKO樹なり甘熟トマトとは?
  • なぜカメラ屋がトマトを作った?
  • 南信州GOKOとまとむらのご紹介

商品一覧

  • トマトジュース
  • トマトケチャップ
  • トマト
  • トマトジャム
  • トマトゼリー
  • トマト寒天
  • トマトギフト
  • ブログ
  • レシピ
  • 業務用お問い合わせ
  • 定期購入のご案内
  • メディア掲載
  • お客様の声
  • 販売店さま紹介
  • 特定商取引法に基づく表示
  • 会員規約

 

とまとむら商品ちょっとご紹介

←前のページに戻る

トマトはやっぱりメタボにいい?!テレビでも話題沸騰中。

[ 投稿日: 2012年2月22日(水) ]

先日のテレビ番組をきっかけに、トマトブームがやってきているようです。

 

「スーパーからトマトが消えた!!sweat01

「スーパーからトマトジュースが消えた!!sweat01

と、言われております。

 

 

本社川崎でのトマト簡易販売も

届く前から列ができ、届くや否や即完売

 

いらっしゃるお客様は口々に、

「トマトはメタボに良いってテレビで言ってた!」

「トマトは身体に良いのよね!」とおっしゃっています。

 

初めてのお客様がトマトジュースを何本も買って行ってくださることも多く、

テレビの影響を身にしみて感じております。

 

 

でも、トマトジュースって苦手で…

という方もたくさんいらっしゃると思います。

 

しかし、GOKOとまとむらのトマトジュースは違います!

 

普通のトマトジュースとは、味が全然違います。

いつも食べている美味しいトマトがそのままトマトジュースになった

そんな味がします。トマトジュースの味、ではなくトマトの味なんです。

 

小さい頃のトマトジュースの思い出は、下駄箱に入っていた

小さな缶がたくさん入った段ボール箱。

トマトと書いてあるので、「あー喉が渇いた!」と飲んでみると…

トマトの味でない、なにか別物の味がしました。

それで、トマトジュースが嫌いになってしまいました。

 

 

そんなトマトジュース嫌いの思い出は多いのではないでしょうか?

 

 

そういう方に飲んでいただきたいなと、いつも思います。

加工用のトマトではなく、トマトの中でも一番親しみやすい「桃太郎トマト」を使い

また、青臭いトマトではなく、樹でまっ赤に完熟した甘いトマト

果汁100%、濃縮還元ではなくストレートのトマトジュースにしました。

 

また、自分たちの手で育てたトマトを自分たちの手で加工することにより

よりトマトの良さを引き出した、トマトの味が活きたトマトジュース

作っています。

 

ひょんなきっかけで、食わず嫌いや小さな頃の好き嫌いが

簡単に変わってしまうこともあります。

 

ぜひ、ぜひ、このトマトブームをきっかけにGOKOとまとむらの

トマトジュースを飲んでみて下さい!!

「GOKO樹なり甘熟とまとジュース」はこちら。


野菜ソムリエ ひさこ

野菜ソムリエ ひさこ

日本一トマトを愛すると自負する野菜ソムリエ。
得意料理はトマトエビチリ。
嬉しかったお客様からの言葉は「今年もおいしいトマトをありがとう!」
野菜ソムリエの他に、調味料マイスターや初級食品表示診断士の資格を持っています。
川崎と長野を行ったりきたりの生活です。
長野のトマトたちに囲まれた生活が大好きです。
トマトや加工品づくりに携わる一方で、展示会や各種イベントにも参加しております。完熟トマトの美味しさを伝えるべく、日々奮闘中!

ページの先頭へ戻る