ホーム » ブログ » とまとむら商品ちょっとご紹介 » 愛するトマトケチャップ
  • GOKO樹なり甘熟トマトとは?
  • なぜカメラ屋がトマトを作った?
  • 南信州GOKOとまとむらのご紹介

商品一覧

  • トマトジュース
  • トマトケチャップ
  • トマト
  • トマトジャム
  • トマトゼリー
  • トマト寒天
  • トマトギフト
  • ブログ
  • レシピ
  • 業務用お問い合わせ
  • 定期購入のご案内
  • メディア掲載
  • お客様の声
  • 販売店さま紹介
  • 特定商取引法に基づく表示
  • 会員規約

 

とまとむら商品ちょっとご紹介

←前のページに戻る

愛するトマトケチャップ

[ 投稿日: 2013年5月23日(木) ]

愛するトマトケチャップ

実は私、トマトケチャップが大好きです。

 

もちろんGOKOとまとむらのです。

 

小さい頃は、ファーストフードでもらうような

ケチャップが大好きで、あれでないと

ケチャップでないような気がしていました。

 

 

GOKOとまとむらのトマトケチャップ、

実は当初と現在のトマトケチャップは少し違います。

 

以前は少し細長い口の小さめのビンで

中身も少し変りました。

 

 

 

以前のケチャップもかなりご好評いただいており

とても人気のあるトマトケチャップでしたが、

現在のトマトはさらにパワーアップ!進化したおいしさです。

 

 

どうしてこんなにGOKOとまとむらのケチャップは

美味しいんだろうかと、考えてみました。

 

もちろん食べて美味しい生食用の完熟トマトを使って

いるということはもちろんですが、

 

そのおいしさを活かすべく、「真空釜製法」という特殊な

作り方で美味しさを保ってトマトをたっぷり煮込み、

 

さらに、全ての原材料を厳選された国産素材を

使用しているということです。

原材料の欄を見て、これ何?と思うものは入っていません。

 

どのご家庭にもあるもので作られています。

 

 

これは、当り前ではありません。

 

ほとんどのトマトケチャップは、香料や着色料など

~料と名のつくものや、増粘剤など~剤と名のつく

一見何が使われているのか、何のために使われているのか

分からないものもたくさん入っています。

 

 

それは、一般的な材料だけでは完成することができない、

おいしさが作れないということだと思っています。

 

添加物が入ることによる利点もたくさんあります。

 

GOKOとまとむらのトマトケチャップは開封後

あまり長くはもちません。

おうちで作った手作りトマトソースが何週間ももたないのと

同じことです。

 

でも、私はほとんど毎日このケチャップを使って

ピザトーストや卵料理、煮込み料理などを作るので

あっという間に使い切ってしまいますsmile

 

 

私たちの身の回りにある、安心な原材料を使って

作られたGOKOとまとむらのトマトケチャップ

 

スプーンについたケチャップをなめられますか?

一般のケチャップでは抵抗がありませんか?

 

「そのまま食べておいしい」というのは、そんな意味が

こもっているのです!


野菜ソムリエ ひさこ

野菜ソムリエ ひさこ

日本一トマトを愛すると自負する野菜ソムリエ。
得意料理はトマトエビチリ。
嬉しかったお客様からの言葉は「今年もおいしいトマトをありがとう!」
野菜ソムリエの他に、調味料マイスターや初級食品表示診断士の資格を持っています。
川崎と長野を行ったりきたりの生活です。
長野のトマトたちに囲まれた生活が大好きです。
トマトや加工品づくりに携わる一方で、展示会や各種イベントにも参加しております。完熟トマトの美味しさを伝えるべく、日々奮闘中!

ページの先頭へ戻る