ホーム » ブログ » ひさこのひとりごと » 嗚呼、私の愛しすぎたトマトキューピー
  • GOKO樹なり甘熟トマトとは?
  • なぜカメラ屋がトマトを作った?
  • 南信州GOKOとまとむらのご紹介

商品一覧

  • トマトジュース
  • トマトケチャップ
  • トマト
  • トマトジャム
  • トマトゼリー
  • トマト寒天
  • トマトギフト
  • ブログ
  • レシピ
  • 業務用お問い合わせ
  • 定期購入のご案内
  • メディア掲載
  • お客様の声
  • 販売店さま紹介
  • 特定商取引法に基づく表示
  • 会員規約

 

ひさこのひとりごと

←前のページに戻る

嗚呼、私の愛しすぎたトマトキューピー

[ 投稿日: 2013年9月 6日(金) ]

おはようございます!

 

関東は今日は今にも雨の降り出しそうな空。

 

朝から元気よく、

「今日は全国的に晴れるでしょう♪」と言いきれる

強靭なハートが欲しいと思った朝でした。

 

 

 

私のトマト好きは、割と歯止めが聞かず

トマトの本を見つけてしまった日には、

トマトグッズを見つけてしまった日には、

即!手に取り、そこからは『どうしても欲しい』欲求との戦いです。

 

 

以前、サービスエリアで見つけたトマトキューピー。

これも10個くらい買いたい衝動を何とか抑え、2つ購入。

 

携帯につけていましたが、残念ながら寿命がきてしまったようです。

 

トマトキューピー.JPG

紐はちぎれ、ヘタは取れ、薄汚れてしまったあなた。

 

こんなになるまで放って置くなんて・・と怒っているようにも

見えることは事実ですが・・・

しかし、可愛くて仕方ないトマトさんの一つです。

 

 

最近はなかなか長野出張もなく、トマトキューピーとの

遭遇もありませんが、いつかはまた出逢いたい

 

そんな想いを馳せながら、眺めるのでありました。

 

 

 

 

トマトそのものやトマト加工品との出逢いも貴重です。

 

まず、スーパーへ行くとトマト売場へ直行します。

次に、缶詰や飲み物コーナーでチェック。

この時期はお菓子にもトマト製品が多いのでチェック。

 

しかし、トマトはよっぽど興味がなければ買うことはありません。

 

お客様にも言っていただくことの多い、

「ここのトマトを食べたら他のトマトは食べられない」という嬉しい感想。

 

 

それはやはり私たち社員も同じ気持ちなのです。


野菜ソムリエ ひさこ

野菜ソムリエ ひさこ

日本一トマトを愛すると自負する野菜ソムリエ。
得意料理はトマトエビチリ。
嬉しかったお客様からの言葉は「今年もおいしいトマトをありがとう!」
野菜ソムリエの他に、調味料マイスターや初級食品表示診断士の資格を持っています。
川崎と長野を行ったりきたりの生活です。
長野のトマトたちに囲まれた生活が大好きです。
トマトや加工品づくりに携わる一方で、展示会や各種イベントにも参加しております。完熟トマトの美味しさを伝えるべく、日々奮闘中!

ページの先頭へ戻る