ホーム » ブログ » ひさこのひとりごと » 切ないほど愛おしいトマトエコバッグ
  • GOKO樹なり甘熟トマトとは?
  • なぜカメラ屋がトマトを作った?
  • 南信州GOKOとまとむらのご紹介

商品一覧

  • トマトジュース
  • トマトケチャップ
  • トマト
  • トマトジャム
  • トマトゼリー
  • トマト寒天
  • トマトギフト
  • ブログ
  • レシピ
  • 業務用お問い合わせ
  • 定期購入のご案内
  • メディア掲載
  • お客様の声
  • 販売店さま紹介
  • 特定商取引法に基づく表示
  • 会員規約

 

ひさこのひとりごと

←前のページに戻る

切ないほど愛おしいトマトエコバッグ

[ 投稿日: 2013年9月26日(木) ]

大変嬉しいことに、

 

先日のブログ「トマトはなぜ赤い」の感想を

いただきました。

 

 

『読んだよ!あの、難しいトマトの話!!』

 

 

・・・。

申し訳ありません、私の理解が不十分なばっかりに

そんな難しい話を伝えるレベルではなく

ただただ難しい話になってしまいました。

 

 

やはり、大好きなトマトグッズについて

熱く、暑苦しく語った方が良かったのかもしれません。

 

 

ということで、この方に登場していただきます!!

エコバッグ.JPG

すばらしい、まっ赤なトマトスマイル!!!

 

 

実はこの方、エコバッグでございます。

エコバッグ袋入.JPG

この包み紙から解放された笑顔が素晴らしい。

 

トマトにある種の異常反応を示してしまう私としては

我がトマトワールドへご招待しないわけにはいかず

ゲットしてしまったのであります。

 

もちろん未使用。

もったいなくて使えないのもありますが・・・

 

 

 

エコバッグ全体.JPG

パンを買って帰るには、それこそトマトだけ買って帰るには

良いかもしれないけれど、樹なり甘熟とまとジュース

2本買って帰ったら、ちょっと心配な強度。

 

ということで、私に癒しを与えてくれるトマトグッズの一つとして

ひさこトマト記念館へ。

 

 

ここまでトマトグッズに興味を持って思うことは、

同じナス科でも、ナスグッズってあまり見ないなぁということ。

 

ただ、私のナスアンテナが微弱であるだけなのか

野菜の中では断トツのグッズ数ではないでしょうか?

 

 

トマトのそのまっ赤な情熱的な色、そして丸く愛嬌のある形、

ピンとセットされたまっ赤な赤と対照的ヘタ。

思わず笑顔を連想させる野菜なのかもしれません。

 

 

しかし、嫌いな野菜ランキングにも1位2位と言わずとも

上位に入っているトマト。

その謎か少し解明されるような、そんな絵本に出会いました。

 

それはまた次回。


野菜ソムリエ ひさこ

野菜ソムリエ ひさこ

日本一トマトを愛すると自負する野菜ソムリエ。
得意料理はトマトエビチリ。
嬉しかったお客様からの言葉は「今年もおいしいトマトをありがとう!」
野菜ソムリエの他に、調味料マイスターや初級食品表示診断士の資格を持っています。
川崎と長野を行ったりきたりの生活です。
長野のトマトたちに囲まれた生活が大好きです。
トマトや加工品づくりに携わる一方で、展示会や各種イベントにも参加しております。完熟トマトの美味しさを伝えるべく、日々奮闘中!

ページの先頭へ戻る