メニュー
ホーム » ブログ » トマト豆知識
  • GOKO樹なり甘熟トマトとは?
  • なぜカメラ屋がトマトを作った?
  • 南信州GOKOとまとむらのご紹介

商品一覧

  • トマトジュース
  • トマトケチャップ
  • トマト
  • トマトジャム
  • トマトゼリー
  • トマト寒天
  • トマトギフト
  • ブログ
  • レシピ
  • 業務用お問い合わせ
  • 定期購入のご案内
  • メディア掲載
  • お客様の声
  • 販売店さま紹介
  • 特定商取引法に基づく表示
  • 会員規約

 

トマト豆知識

←前のページに戻る

トマトに磁石を近づけると

「トマトに磁石を近付けると、どうなるのか?」そんな実験をしているのを見たことがありました。皆様は、お分かりになりますか?①「トマトが磁石にくっつく」②「トマトが磁石から離れる」③「無反応」こたえは・・・②番!!「トマトが磁石から離れる」でした!すごいですよね、『トマトが磁石に反応して離れる』という結果もさることながら、このような実験がトマトで行われていること。驚きです。では、なぜトマトが磁石に反応…

[2013年10月 2日(水)]

ピーマンにんじんたまねぎトマト!

ピーマンにんじんたまねぎトマト!

大変お恥ずかしい話、野菜ソムリエひさこ、茹でたにんじんが嫌いです。なぜか?柔らかいからです。甘いからです。子供はあれが好きなもんだと、小さいころから食べさせられたからです。しかし、生のにんじんは大好きだから大丈夫と思いきややはり我が家の冷蔵庫ににんじんが入っていることはなくカレーにもシチューにも、にんじんは入っていないのです。申し訳ありません。苦手といえば、パクチーも苦手です。大好きな方には言えま…

[2013年9月27日(金)]

トマトはなぜ赤い?

トマトはなぜ赤い?

今日のわたくしは一味違います。そう、この本を読んでしまったからでしょう。『トマトはなぜ赤い ~生態学入門~』東洋館出版社私とて、可愛いだけのトマトを愛しているのではなく気難しい言葉の羅列でトマトを語りたいときもある。なんてね。この本は、地球レベルの生きとし生けるものについての「なぜ」を生態学的に多いに読み解いていこうではないか、とおっしゃっているのではないか。そんな印象を持ちました、としか私には言…

[2013年9月23日(月)]

トマトにそっくり猛毒植物②

トマトにそっくり猛毒植物②

さて、昨日のブログ更新から大好評(?!)のトマトそっくりシリーズですが、なんと大変残念ながら、今回が最終回となります。トマトマニアへの道のり遠く、2つしかまだ知らないのです。ということで、今回もまずはGOKOとまとむらのおいしそうなトマトからご紹介。じゃんっ!!まっ赤な実をつけ、収穫を待つおいしそうなトマトたち。今すぐにもぎ取ってかぶりつきたいっ!ん?おっとっと、これがトマトに似ているというのか・…

[2013年9月20日(金)]

トマトにそっくり猛毒植物①

トマトにそっくり猛毒植物①

トマトの実を見たことがありますか?もちろん、トマト自体が実ですが花が咲き終わると緑色の小さな実がつきます。トマトが黄色い花を咲かせるということを知らなかったと言われることも多いですが、この小さな緑の姿をした実もなかなかレアかもしれません。そして、こちら。実はトマト、色づき始めると赤くなる前に黒く・・・・なりません!この植物は、『べラドンナ』という猛毒植物です。トマトの実に似た果実をつける、というこ…

[2013年9月19日(木)]

トマトネックレス

トマトネックレス

私も、もう少し若い時、おじさまおばさまの発する言葉に「え?!なにそれ?!ふるーい!!」なんて思っていたのもつかの間、最近発する言葉に、自信が持てないアラサーでございます。ズボンなんて言っていいのか、やはりパンツと言うべきかさすがにアベックとは言わないまでもちょっとした自分の言葉が不安になります。その中のひとつが、ふと思った「ネックレス」。これは総称だから、良いのだろう。ん?ペンダント?あれ?ペンダ…

[2013年9月17日(火)]

愛すべきトマトさん

愛すべきトマトさん

おはようございます!先週に引き続き、今日もトマトの絵本をご紹介します。私の異常なトマト好きのお話は割愛し、さっそくご紹介したいと思います!!!福音館 こどものとも絵本 『トマトさん』このインパクトのある表情。ふっくらとしたまっ赤な顔に、憎らしいような切ないような切れ長の瞳。先週ご紹介の『トマトのひみつ』との大きな違いは『トマトのひみつ』は、トマトや虫たちの写真が使われていて写真と一緒に話が進んでい…

[2013年9月12日(木)]

トマトのひみつ

トマトのひみつ

トマトがスーパーから消えてしまったら、トマトが食卓から消えてしまったら・・それはもう寂しく、心にぽっかりと穴があいてしまったようなそんな気持ちになってしまうこと間違いなし。(私だけでしょうか)一年を通して、お店に並ぶトマト。毎日と言わずとも、やはり生活に欠かせない野菜の一つとなっていることと思います。そんなトマト、実は「ひみつ」があったようです。かがくのとも傑作集 福音館書店 「トマトのひみつ」ト…

[2013年9月 5日(木)]

トマトやスイカのカリウム+塩

おはようございます!!最近は毎朝、天気予報に急な天候の変化に注意ゲリラ豪雨に注意と言われすぎていてなかなか出勤時には洗濯物が干せなかったり毎日日傘と折り畳み傘を持って出かけたりと気を付けていましたが、雨が降ることがなくあまり天気予報の効果が私にはなくなってきてしまいました。そんなときに、急な雨にあったりするんですよね・・天気予報ではなく、自分の勘が頼り?でしょうか。最近ではゲリラ豪雨と干ばつ被害、…

[2013年8月 5日(月)]

マラソンとトマト?!

おはようございます!先日ニュースを何気なく見ていたら「マラソン」と「トマト」という言葉が耳に入ってきました。ん?ぼーっとしすぎて、ニュースがごちゃ混ぜになってしまったのかな?と思いつつ見てみるとトマトのリコピンが運動中などに溜まりやすい活性酸素を消去する効果がある、という話題でした。GOKOとまとむらでも、トマト工場のある地元中川村のマラソン大会やさわやかウォークなどに、トマトやトマトジュースの協…

[2013年2月 8日(金)]

野菜ソムリエ ひさこ

野菜ソムリエ ひさこ

日本一トマトを愛すると自負する野菜ソムリエ。
得意料理はトマトエビチリ。
嬉しかったお客様からの言葉は「今年もおいしいトマトをありがとう!」
野菜ソムリエの他に、調味料マイスターや初級食品表示診断士の資格を持っています。
川崎と長野を行ったりきたりの生活です。
長野のトマトたちに囲まれた生活が大好きです。
トマトや加工品づくりに携わる一方で、展示会や各種イベントにも参加しております。完熟トマトの美味しさを伝えるべく、日々奮闘中!

ページの先頭へ戻る